英会話スクールの体験をして入学の検討をする

商業エリア

タブレットを眺めている

より重要になる英会話

日本人の生活には子供の頃から英語を学校で習ったり映画をみたりで英語があふれています。
ですが『単語や文法や長文問題に発音記号』と受験勉強しての英語はそこそこ出来たのにさっぱり英語が話せるようにならないと嘆いている方もいるでしょう。
その原因は昔は英会話の授業は少なく(今は増えてきているようです)、あっても教科書を読むくらいで会話とはほど遠かったからでは無いでしょうか。
しかし今後は英語では無く『英会話』が求められる時代になってきています。
それは日本の会社でもグローバル化という名目で社内公用語が英語になっている事例もあることからも確かでしょう。
まだ英語が身近に無い方でも時代に取り残されないように英会話の勉強をして備えましょう。

英語の音を大切にしよう

英会話を学ぶ上で注意すべきことなのは音声が大事だということです。
日本語でしたら『あ』だったのなら「あ」と発音すれば良いのですが、英語では『A』でもALLの時とANDの時の『A』の発音は全然違うのがわかるはずです。
そのためどういった発音になるのかがわからないとどうにもなりません。
それを知るためには英会話の先生について貰うか、それが難しいのなら音声のCDやデータがついているものを選びましょう。
そしてもっとも大事なのが会話をすることです。
『英会話』ですので会話が大事なのは当たり前ですが、それが出来ていない方が大勢いらっしゃるはずです。
文法や発音の多少の間違いなどは気にせずにたくさん会話をしていくことで上達は早まることでしょう。

↑ PAGE TOP